【ほぼ毎日更新】国際物流業者のつぶやき

国際物流をテーマに、いろいろな視点から様々なテーマについて気ままに呟いてみたいと思います。 反論、訂正、追加情報大歓迎! 皆様の良い情報共有の場所になりますように。

カテゴリ: 貿易

工業製品に必要な原材料や部品を調達するとき、海外から輸入をしたほうが安いことはよくあります。しかし、国内でも製造されている製品に対して攻撃的な意図をもって不当に安い価格で販売(輸入)されてしまうと、国内の製造業者は本来の価格競争力を失い、販売力に打撃を受 ...

IWC(International Whaling Commission / 国際捕鯨委員会)は、国際捕鯨取締条約に基づき、鯨資源の保存および捕鯨産業の秩序ある発展を図ることを目的として1948年に設立された国際機関です。イギリスのケンブリッジに事務局を置き、現在89か国が条約に加盟。日本は1951年 ...

先日、仕事で訪れた関西空港のターミナルを歩いていましたら、旅行者らしき外国人に話しかけられました。聞くと、喫煙所(Smorking Area)がどこなのか教えてほしい、と。筆者はかれこれ8年ほど前にすっかり禁煙してしまったので、喫煙所の場所などが行動範囲にあるはずもなく ...

カタールがOPECからの脱退を表明しました。世界のエネルギー源が原油から再生可能エネルギーや天然ガスにシフトしつつあることに加え、サウジアラビアが主導するOPECの方針決定に異論を唱え、2017年に断交という結末を招いていたことも原因と言われています。OPECとはそもそ ...

アルゼンチンのブエノスアイレスでG20首脳会議が開幕したと報道されています。なんだか定期的に新聞やテレビなどのメディアから伝わってくるこのG20、どのようなイベントなんでしょうか。国際物流マンたるもの、世界経済の動向にも目を光らせておくべき。簡単に知っておきま ...

貨物を輸出するときには税関に申告し、許可を得てから輸出します。しかし、正しい輸出入者情報と物品、価格情報を申告すればどんな貨物をどこにでも輸出できるというわけではありません。世界を取り巻く環境問題の観点から規制される貨物もあれば(ワシントン条約)、日本が ...

かつてゲームでも有名になった「大航海時代」。大航海時代とは、15世紀から17世紀にかけてのヨーロッパ諸国による新航路や新大陸の発見にいたる一連の動きを指します。そして、その主役はスペインとポルトガルでした。これは、15世紀までの時代、地中海の西のはずれにあるス ...

海外から物を輸入すると、通常はその物の種類や価値に応じて税金が発生します。消費税は8%ですが、関税率は品物によって高かったり、安かったり、場合によっては(いやほとんどの場合)かからなかったり。そもそも、なぜ関税というものがあり、税率は品物によって複雑に細か ...

国際物流の仕事をしていると、しばしばインコタームズという言葉を目にします。具体的には、FOBとかCIFとかDDPとか・・・国内で運送会社に貨物の運送を委託する場合、運賃は元払いか着払いを選択します。貨物の送り手と受け手のどちらが運賃を負担するのかはその貨物の売買契 ...

↑このページのトップヘ