【ほぼ毎日更新】国際物流業者のつぶやき

国際物流をテーマに、いろいろな視点から様々なテーマについて気ままに呟いてみたいと思います。 反論、訂正、追加情報大歓迎! 皆様の良い情報共有の場所になりますように。

カテゴリ: 航空貨物輸送

ついでにやっておきましょう。羽田空港の歴史についてです。様々な紆余曲折を経て建設された成田や関西空港と比較して、羽田空港は由緒正しい家柄に生まれた、非常に育ちのよろしい空港と言えます。日本のライト兄弟と言われる玉井兄弟、その兄清太郎が東京府羽田の穴守に日 ...

国際線旅客乗降数と航空貨物取扱量第一位を誇る成田空港。今年開港40周年を迎えた成田空港ですが、その道のりは決して楽なものではありませんでした。イデオロギーの対立と革命を求めるエネルギーが溢れる時代に立案されたこの空港の歴史は、反対運動なしに語ることはできま ...

以前にも一度危険品については書きましたが( リチウムイオン電池のこと - 危険品 )、頑張り屋さんの新人営業がお客さんから依頼されて取ってきた貨物が実は危険品だったということが時々あります。日本国内で非常に簡単に持ち運べたり、とても身近にある商品だったりする ...

外国人受け入れ5年で最大34万人 改正入管法が成立 12月8日未明の参議院本会議で、改正入国管理法が可決されました。先日、「労働力の確保」という記事で本ブログでも閣議決定を取り上げましたが、与党にしてみれば順当に本会議での採択までこぎつけたということになります ...

特殊な航空輸送と言えばやはり軍隊の物資輸送において行われる戦術輸送や戦略輸送。一見マンガの世界の無茶を押し通す輸送に思えますが、軍隊ほどマニュアルと規律に制約された組織はありません。今日はその中で筆者が「これは凄い」と思った輸送を二つ紹介します。LAPES - L ...

1960年代なかば、航空輸送の需要が高まり、航空機の大型化とジェット化がすすむなか、関西の航空輸送拠点である伊丹空港の機能は限界に近づいていました。市街地に位置する伊丹空港はこれ以上の拡張性も乏しく、また事故に対するリスクも高まり、次世代の需要にこたえるため ...

簡単な書類作成とシンプルな運賃体系で簡単に輸出や輸入ができる国際宅配便は、貿易の知識をとくに必要としなくても気軽に国際貨物の手配ができる便利なものです。越境ECの市場が拡大するにつれて、個人向け輸入貨物の取り扱いも増加しているように思えます。比較的安価な商 ...

11月2日、出入国管理法改正案が閣議決定されました。入管法改正案を閣議決定 単純労働で外国人受け入れへ これにより、いままで認めてこなかった単純労働への外国人の就労を認める形となり、従来の雇用政策から、今後の労働人口減少への対策として大きく方針転換をしたと言 ...

やはりこれを書かないと終わりません。稀代の名機、ボーイング747のお話です。1960年代初め、米軍は世界の警察として世界各国で起こる紛争地域に積極的に軍隊を派遣するようになっていきました。そして、高まっていく紛争地域への大量・高速の軍事物資輸送の需要を受けて、米 ...

たまたまこれも主役はなんとトム・ハンクス。しかし、国際物流が舞台となった、は言い過ぎでした。キャスト・アウェイ (字幕版) [Prime Video]トム・ハンクス2013-11-26この映画はFedexのシステムエンジニア、チャックが主役の物語ですが、国際物流が舞台となるのは冒頭20分 ...

↑このページのトップヘ