到達前からその進路や威力は予測され、計画運休や店舗の休業など、あれほどまでに備えが呼びかけられた台風19号ですが、その猛威は残念なことに多くの河川の堤防決壊を招き、洪水の被害を広大な地域に与えて去っていきました。

キャプチャ



被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

また、被害を最小限にするための様々な備えや努力がなされたとはいえ、自然の力の凄まじさには、この時代にあっても恐れを抱くばかりです。


河川流域の居住地での洪水被害を最小限に食い止めるための手段の一つとして、ダムの建設があります。

今回、10月12日~13日、関東地方に豪雨による被害が拡大する恐れが広がった際に、ダムの緊急放流が行われることが報じられました。

今回、緊急放流が行われたのは、茨城県 大北川の水沼ダム、同じく茨城県 久慈川の竜神ダム、栃木県 那珂川の塩原ダム、神奈川県 相模川の城山ダム、福島県 鮫川の高柴ダム、そして長野県 天竜川の美和ダムです。


ダムの緊急放流というと、ダムの決壊やキャパオーバーを防ぐために貯めていた水を放出するイメージを持つ人もいますが、決してそうではありません。

通常、ダムはそこに流入する水量と放出する水量のバランスを取り、下流域に影響がでないよう放流を続けています。

しかし、今回のようにとてつもない降水量によってダムに流入する水量が増えた場合、下流域に氾濫の危険性があったとしても、ダムを満水の状態に保つべく放流量を増やすことがあります。

これが緊急放流です。


つまり、認識しておくべきは、放流が行われている限りはダムは正常に機能し、流域の水量をコントロールしているということ。

そして、ダムが無い場合と比較して、間違いなく洪水の被害を低減(もしくは引き延ばす)することに貢献しているということです。


今回、被害が出た場所もあり、このような治水事業が最適だったのか、やむを得ない状況だったのかは私にはわかりません。

しかし、ネットではダム事業に対する批判もいくらか目にすることがありました。

今回特に「緊急放流」なるものについて調べてみて、分かったことを共有した次第です。