ぐずついた天気が続き、今年は冷夏か~、なんて言ってたら、梅雨が明けたとたんにこれです。

mxtem00


暑くなってくると日々報じられる熱中症。

注意喚起をしたり予防策を紹介したりもしますが、残念ながら亡くなられた方の報道もあります。


知っているようで知らない熱中症。

熱中症とは何なのか改めて勉強しておこうと思います。
調べると色々な情報が山ほどでてきますが、今日は環境省のサイトの情報を中心に整理してみましょう。




◆熱中症とは?

熱中症とは、気温の高い環境で起こる健康障害の総称です。

症状としては、めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・痙攣・手足の運動障害・高体温などがあげられます。

ここで注意すべき点は、症状としては色々なバリエーションがあり、また気温が高ければどのような場所でも起こりうるということです。

日陰でも、屋内でも、プールでも熱中症は起こるのです。


◆なぜ熱中症になるの?

環境省では、熱中症の原因を3つの要素に大別しています。

1.環境の要因

気温が高い
湿度が高い
風が弱い
日差しが強い
・・など

2.からだの要因

高齢者や乳幼児・肥満
糖尿病や精神疾患などの持病
低栄養状態
下痢やインフルエンザなどの脱水状態
二日酔いや寝不足といった体調不良
・・など

3.行動の要因

激しい筋肉運動や慣れない運動
長時間の屋外作業
水分補給できない状況
・・など


これら3つの要因が重なり、汗や皮膚温度で体温調節ができず体温が上昇すると、体のバランスが破綻し、熱中症を発症します。



つまり、これらの要因が発生しないようにすることが大切です。

しかし、物流に携わる人たちは現場の作業も多く、暑い中、自分の持ち場の業務を完遂するために、どうしても無理をしなければならない場面も多いでしょう。

特に 1.環境の要因 はなかなか自分自身でコントロールすることができません。

管理者としては十分に配慮したいところではありますが、それでも完全に管理することが難しく、また 3.行動の要因 についても、体を動かすことが仕事の人にとっては避けるわけにはいきません。



ということは、つまり 2.からだの要因 を極力排除しておくことが大切です。



よく言われるこまめな水分補給はもちろんですが、日々の体調管理、睡眠時間の確保は非常に重要です。

ビールの美味しい季節ではありますが、アルコールが体内に入ると、利尿作用により人間の体はアルコールとともに水分を体外に排出しようとします。

飲酒は脱水症状を起こしやすい、ということも覚えておきましょう。


物流に携わる人たちは、季節、時間、場所を問わず物を安全確実にお客様に届けることが仕事です。

精神的にも肉体的にもタフな人たちのそろっている業種だと思いますが、決して油断せず、また余裕のある人は周囲にも気を配りましょう。


もし周りに熱中症らしき人がいたら、このチェックシートを参考に、適切な対処を取れるように心がけましょう。

まずは意識の有無が最重要な点。

そして、わきの下や首、ももの付け根といった太い血管が肌に近い部分を通っている個所を冷やし、体温を下げてあげることが大切です。


いよいよ夏本番ですが、周囲に気を配りつつ、無事に夏を乗り切りましょう!



heatillness_checksheet