【ほぼ毎日更新】国際物流業者のつぶやき

国際物流をテーマに、いろいろな視点から様々なテーマについて気ままに呟いてみたいと思います。 反論、訂正、追加情報大歓迎! 皆様の良い情報共有の場所になりますように。

昨日すこし書いた共同海損、耳慣れない言葉かもしれません。意味を知っている人であれば、聞きたくない言葉かもしれません。共同海損とは特に海上輸送のみに用いられ、船舶が航行中に積み荷とともに危険な状況にさらされたとき、その船の安全を確保するために取られた行為に ...

関西空港の上屋が徐々に復旧するにつれて、あの台風で水没した貨物の様子がだんだんとわかってきました。倉庫の方々がパレットのうえに貨物をまとめ、ラップを巻いていてくれたおかげで流失は防げていましたが、聞くとやはり一時的に水位は大人の胸の高さくらいまで上がった ...

関空連絡橋の鉄道が9月18日より運転再開するそうです。関西国際空港へのアクセスを担う鉄道線の運転再開日について素晴らしいですね。工事関係者のご苦労に頭が下がります。Kansai Airportsのホームページでも復旧状況のアナウンスが華々しく発表されています。2018年09月17 ...

昨日、中国向け越境ECの中で、ワシントン条約について少し触れました。今日はこのワシントン条約のことについて詳しく見てみようと思います。ワシントン条約とは、1973年にワシントンで作られた国際条約で、正式には「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条 ...

中国向け越境ECが盛んですね。今日は我々物流業者からみた中国向け越境ECの色々なパターンとメリット、問題点について触れてみたいと思います。越境ECとは、国境をまたいだ物流ルートを利用したEC(E-Commerce)のことですが、その貿易形態には様々な形があります。特に中国向 ...

というか、いまはどこの空港もなのですが・・・成田空港は先週からずっと大パンク状態です。どこがパンクしているのか、輸入の貨物の流れを例にとると、海外で日本向けの貨物を受諾↓日本向けの航空便に搭載 ←パンク!!↓日本の空港に到着↓航空機から荷下ろしされ、エア ...

9月14日より関西空港では第一ターミナルを一部運用再開し、国内線、国際線の運行を徐々に再開するとともに、JL,KEなどでは国際貨物の受諾も条件付きながら再開するようですね。しかし一方では、まだまだ汚泥の除去や水の掃き出し、消毒作業に追われ、設備機器やシステムの修 ...

いろいろなことを書いてみようと始めたブログですが、やはり気になるのは関西空港のこと。これは、関西空港内のある航空会社上屋さんの9月11日付の通知です。華やかなフライト再開やターミナル復旧の報道はどこへやら、泥にまみれながら必死で作業にあたっている方々の悲鳴が ...

関西空港はターミナル2を利用してのフライト再開やシャトルバスによるりんくうタウン駅~関西空港間の無料運行など、急ピッチで復旧作業が進んでいます。また、タンカーの衝突により損傷を受けた関空連絡橋の鉄道も運行再開予定の前倒しが発表されております。日本のインフラ ...

台風21号が過ぎ去った関西空港に残されたのは、水没した機材、水に押し流されて散らばってしまった大切なお客様の荷物、打ち上げられた魚などです。先週の終わりから安倍首相の号令の下、第二滑走路を利用して早々に一部旅客便の運航が再開されました。また、一部通関業者に ...

↑このページのトップヘ